健康と環境にも良いものを

甘いものを欲する原因として、ストレスやたんぱく質の不足が考えられると言われています。
甘いものを食べると、心が落ち着いて嫌なことを忘れさせてくれる経験をしたことは誰もがあるのではないでしょうか。
食べ終わった後には満足感に浸り、幸せな気持ちになるでしょう。
しかしその満足感が忘れられず、またひとつ甘いものに手が伸びてしまうのです。

ここで注意しなければならないのが、砂糖への過度な依存です。
砂糖には興奮を刺激するドーパミンと精神を安定させるセロトニンを放出させる働きがあります。
オーバーワークで睡眠時間が不足がちの現代人は、あらゆる場面でストレスを抱えていることが多く、つい甘いものを欲しがってしまうようです。
もちろん適度に砂糖を摂取するには問題はありませんが、過剰に摂取することは控えるべきでしょう。
消化吸収が早い砂糖は、短時間での疲労の回復やストレス解消が期待できる食品ですが、食べることでストレスを解消するのではなく、没頭できる趣味やスポーツでイライラを吹き飛ばすことができれば体に良いということは言うに及びません。

しかし甘いものを食べることで湧き上がる幸せや喜びを知る人にとっては、それ以外の方法でストレスを発散したり、疲労回復に努めたりすることに若干の抵抗をおぼえてしまうかもしれません。
そのような現代人のニーズに真っ向から応えるように、カロリーや甘さを控えたお菓子やスイーツがどんどん改良されて進化を遂げています。
もともとスポーツやダイエット時の栄養補給として開発された食品が、味も豊富に種類も増えて、いまではスーパーやコンビニなどでも買える身近なお菓子になりました。

パンやファーストフードなどのように袋や容器もかさばらず、そのほとんどがひとくちサイズであるため携帯するにも食べ切るにも非常に便利な量で、仕事で一息つくときや会議前にさっと食べることができます。
しかもカロリーゼロや糖質制限にもかかわらず美味しいと非常に評判です。

お菓子の進化は大人気のパンケーキ専門店でも見られます。
バターとシロップを添えて食べていたシンプルなホットケーキが、口の中で溶けるふわふわの生地が魅力のパンケーキとして親しまれています。
それぞれの店が独自の製法や味に工夫を凝らし、健康や環境を考えて素材にこだわるのも進化するお菓子やスイーツのひとつの特徴でしょう。
昔から変わらない懐かしいお菓子はもちろん、時代に融合して常に進化するお菓子は今後も多くの人を魅了して止まないでしょう。

ふわふわ生地が魅力のパンケーキ